センチネルリンパ節生検

現在でも乳癌手術における腋窩リンパ節郭清は標準術式であります。しかしリンパ節郭清による術後の後遺症も無視できません。すでに癌が腋のリンパ節に転移している方は当然腋窩リンパ節を取ることが必要になります。しかし腋のリンパ節を取ってみたら転移はなかったという患者様に対して、必要最低限の侵襲で手術を行うといった概念でこの方法が行われるようになりました。乳癌のがん細胞が最初に流れ着くリンパ節をセンチネルリンパ節と呼び、このリンパ節に癌がいなければその先にはがんはいないと判断し、通常の腋窩リンパ節郭清を行わない方法です。当院では術前に検査を行い、腋のリンパ節に明らかな転移のない患者様に対しては、十分なインフォームドコンセントを行い、同意された患者様に対してはセンチネルリンパ節生検を行っております。

戻る

 

ページトップへ 戻る ホームへ