来院される方へ
医療機関の方へ
採用情報

臨床工学室

臨床工学室では、患者さんが安心して治療を受けられるよう
医療機器(ME機器)の操作や保守管理を行っています。

臨床工学室には現在8名が勤務しており、業務は下記に示します。
近年、医療の発展とともに医療機器の進歩も目覚ましいものがあります。私たちは患者さんが安全に治療を受けられるよう、また、情報を集約し使用方法等の適切な操作が行えるよう、日々研鑽を重ね医療従事者にも伝える役割があります。

臨床工学室理念

市立奈良病院の理念に則り、豊かな教養と高い倫理観を持って、臨床工学の知識と技術を駆使し、
『チーム医療の発展』『医療の安全と質の向上』『地域医療への参画』に貢献する。

当院の臨床工学室では以下の業務を行っています。

① 臨床業務について  
当院の臨床工学技士は呼吸・循環・代謝・消化器で使用する機器の操作及び保守点検を行っています。

  1. 代謝関連・・・血漿交換・血漿吸着・持続血液透析・腹水再環流・血液透析など様々な急性血液浄化を行っています。
    代謝関連
  2. 循環器関連・・・心臓カテーテル検査・治療の立会いや外来ペースメーカーチェック、IABP,PCPS,IVUS,OCT,ポリグラフ、EPSなどの操作を行っています。
    循環器関連 循環器関連
  3. 呼吸器関連・・・中央化機器である人工呼吸器は使用前点検から抜管までをサポートしています。
    呼吸器関連 呼吸器関連
  4. 消化器関連・・・RFAジェネレータ操作、内視鏡検査の立ち会いおよび機器点検をしています。
    消化器関連 消化器関連

② ME業務について  
ME機器の一部は中央化機器として管理されています。  
中央化機器は臨床工学室にて購入から廃棄までを一括管理しています。

ME業務 ME業務

 

ページトップへ 戻る ホームへ