医療安全管理室

医療の現場で医療事故防止に努めています。

医療安全管理室は、安全な医療の提供や医療事故の防止などに取り組む部門です。“医療安全”は病院運営の最も重要な課題の一つです。医療安全管理室長(医師)、統括リスクマネージャー(看護師)、さらに各部門の医療安全管理責任者の代表からなる医療安全管理委員会を設置、開催しています。また、各診療科や各部門にリスクマネージャーを1人置き、月1回リスクマネージャー部会を開催しています。インシデント報告やアクシデント報告、医療事案の調査・解析および対策について検討を行い、医療の現場で医療事故防止に努めています。

また、広報活動などを通じて、院内での医療安全情報の提供、共有化を行います。さらに医療事故防止のための教育・研修を企画、実施しています。

スタッフ

医療安全管理室長 高橋 信行
統括リスクマネージャー 松本 貴代子

 

 

ページトップへ 戻る ホームへ