HOMEメッセージ私のナースストーリー子育てナース広場新人ナースのあゆみ

看護部紹介

ごあいさつ

市立奈良病院は『地域の安心と笑顔を大切に』をコンセプトとする地域医療に貢献する急性期病院です。
救急、がん、災害、小児・周産期を中心に27診療科の幅広い医療を提供しています。
地域の人々の『安心と笑顔』を支えるのは確かな知識と技術とハート(使命感と情熱)を持った看護職です。
そのため当看護部では一人ひとりの成長に応じた教育支援を進め、患者さんの視点に立って、患者さんの意思決定を尊重し、信頼される看護職を育てています。看護方式はPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れ、新人から中堅まで共に学び育ち合う環境があります。使命感と情熱をもって、私たちと一緒に看護をしましょう。

                                      看護部長 吉田 道野

看護部の理念

○ 私たちは患者さまの人権を尊重し、信頼される看護をめざします

○ 私たちは安全と安心、納得の得られる看護を提供します

○ 私たちは地域の人々の期待に応えられる看護をめざします

○ 私たちは専門職として看護の本質を追求し、自己の成長に努めます

看護部スローガン

『使命感と情熱と』

看護部ビジョン

PNSマインドを持って看護実践し、
地域の急性期医療に貢献する

平成28年度看護部目標

○ ケアプロセス評価を実施することにより医療安全文化を推進する

○ PNSマインドを醸成し看護の質向上を図る

○ チーム医療の充実と地域連携を強化し患者満足の向上を図る

○ 診療報酬改定に対応し黒字経営をめざす

 

部署紹介

 1・2階

1・2階

外来・救急

外来・救急外来・救急

当院は26診療科と350床の急性期病院で、一日約700~900人の患者に対応しています。総合診療科による救急外来、各診科の専門外来、がん拠点病院機能として外来化学療法センター・緩和ケア外来、セカンドオピニオン外来など充実しています。

外来・病棟との一元化及び各部門と連携を図りながら、外来看護の質の向上に取り組んでいます。また待ち時間の短縮に取り組むなど、患者満足度の向上に努めています。 外来看護師は、病院の顔として、いつも笑顔で、信頼される外来を目指しています。

3階

3階

3階西病棟    消化器・肝臓病センター、呼吸器外科

3階西病棟3階西病棟

消化器肝臓病センター(消化器内科・外科)と呼吸器外科の混合病棟です。 内科と外科が同じ病棟内で連携して一貫した診療を行っています。クリティカルパスを用いて日々のスケジュールや治療内容を分かりやすく示し、患者さんが不安なく過ごせるよう看護しています。消化器外科・呼吸器外科はともに腹腔・胸腔鏡下での手術が多くなり、入院期間が短くなりました。入院中から退院まで安心して療養していただけるよう、患者さん中心のチーム医療の提供に心がけています。

3階南病棟   消化器肝臓病センター、眼科

3階南病棟3階南病棟

眼科・網膜硝子体センター、消化器内科・外科の混合病棟です。
眼科は日帰り手術も含め年間約1150件以上の手術を実施しています。患者さんがスムーズに点眼できるように薬剤師・看護師が協力し指導に関わっています。高齢者の方にはご本人だけではなくご家族にも参加していただいています。安心して手術を受け、入院生活を送って頂けるように取り組んでいます。

 

手術室

手術室手術室

手術室は11診療科の手術に対応し、年間3000件を超える手術を実施しています。平成25年1月から最新機器を装備した手術室に生まれかわりました。あらゆる手術に迅速に対応できる力を持つこと、手術という大きな出来事を体験する患者さんに安心していただける温かい看護を目指して、新しい知識・技術を習得し、根拠の基づいた看護を提供するように切磋琢磨しています。

ICU・CCU

ICU・CCUICU・CCU

ICU・CCUは救急外来に搬送された重症患者や入院中の様態悪化、ハイリスク手術を受けた患者など厳重な全身管理が必要な患者さんの受け入れを行っています。

一人の患者に対して、医師・看護師、臨床工学技士、理学療法士など他職種、多人数が関わり、早期に回復できるよう連携を図っています。

高度医療機器を用いた呼吸・循環管理を行いながら患者の状態変化を予測して看護を実践しています。

4階

4階

4階西病棟   脳・神経センター

当病棟は脳神経センターで脳神経外科・神経内科の病棟です。
意識障害や運動障害を伴うことがありますが、患者さんが握り返してくれた手の温もりや、看護職員の呼びかけに目を開けてくれた時には、患者さんの『生きる力』を感じます。患者さんの日常生活を取り戻すため、想いに寄り添う看護を目指しています。

4階南病棟   小児科、耳鼻いんこう科、皮膚科、総合診療科

4階南病棟

4階南病棟小児科と消化器内科、外科、耳鼻いんこう科、皮膚科の混合病棟です。病棟保育士を配置し、急な入院や核家族で子育てをしている親たちの負担が軽減できるよう努めています。また子どもの成長・発達に合わせて、ひな祭り、こどもの日、クリスマス会などの季節ごとの行事を計画し、入院中でも和やかな時間をもてるよう努めています。「明るく」、「やさしく」をモットーに患者さんが安心して入院生活を送っていただける様に頑張っています。

4階東病棟   内科(循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、緩和ケア)

4階東病棟 

内科系の混合病棟です。循環器内科では年間400件以上の心臓カテーテルを中心とした治療や心不全・肺高血圧症患者の看護を行っています。糖尿病内科では患者さんのライフスタイルに合った生活指導を実施し行動変容を支援しています。総合診療科の危機的状況を乗り越えて回復された患者さんの笑顔や、緩和ケア病床の患者さんや家族との触れ合いは看護師としての喜びとやりがいを感じます。

5階

5階

5階西病棟    (レディース病棟)乳腺外科、産婦人科

乳腺外科、産婦人科、整形外科、総合診療科を主とした女性専用のレディース病棟です。
乳腺・婦人科では生活指導やリンパ浮腫指導などに力を入れており、整形外科・総合診療科では、入院当初より医師やコメディカルと連携しその人の生活に視点を当てた支援を行っています。

20歳代から100歳代の方まで幅広い年齢層の方が入院されますが、みなさんディルームから見える興福寺の五重の塔や東大寺・若草山の景色を楽しんでいらっしゃいます。

5階南病棟    整形外科、形成外科、泌尿器科

5階南病棟5階南病棟

整形外科・四肢外傷センターは主に脊椎疾患、人工関節、皮膚・腱・靱帯・神経損傷疾患、泌尿器科は腎臓・尿路系疾患や前立腺などの手術や検査を行っています。手術後は医師・理学療法士・作業療法士、MSWと連携をとり、リハビリテーションや退院後の生活支援を進め、早期に社会復帰できるよう援助しています。

5階東病棟    (周産期病棟)産婦人科

平成26年4月から産科病棟として新たにスタート!!

皆様のニーズにお応えし、母親学級の変更や、助産師外来を充実させ育児相談や電話訪問を始めました。

妊産褥婦の皆様一人一人が満足されるマタニティーライフや、感動の出産、楽しい育児へとつながるサポートを目指しています。

 

ページトップへ 戻る ホームへ