来院される方へ
医療機関の方へ
採用情報

宗教上の理由等で輸血を拒否される患者さんへ

市立奈良病院では、患者さんが、宗教上の理由などにより輸血拒否の意思を表明される場合、その意思を尊重して無輸血治療のための努力はいたしますが、治療に携わる医師が、輸血を行う以外に救命の方法がないと判断した場合、「相対的無輸血」の方針に基づき、原則として輸血を実施いたします。
また、本方針は、患者さんの意識の有無、成年・未成年の別にかかわらず運用します。
これは、患者さんの生命を最優先する当院の方針に基づくものであり、ご理解のほどお願い申し上げます。

相対的無輸血とは

患者さんの意志を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、輸血以外に救命手段がない事態に陥った場合には輸血をするという立場・考え方。

絶対的無輸血とは

患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

ページトップへ 戻る ホームへ