倫理委員会

当院では、当院の職員が行う人間を直接対象とした医学研究及び先進的医療行為について、医の倫理に関するヘルシンキ宣言等の趣旨を尊重し医療・研究の現場で遵守されるべき倫理を審議することを目的として倫理委員会を設置しています。

市立奈良病院 臨床における倫理の基本方針

当院のすべての職員が、基本的人権はもとより当院の基本理念に掲げる「患者様の権利」、「個人情報保護に関する宣言」等に基づいて、臨床における様々な倫理的問題に適正に対応し、患者にとって最も望ましい医療を適切かつ十分に提供することを目的として、臨床における倫理に関する基本方針を次のとおり定める。
   
1. 患者の人権を最大限尊重するとともに、患者と医療従事者が協力し、患者にとっての最善の医療を実践する
  1) 常に患者の立場に立った対応を心がけ、良好な信頼関係を築くよう努める。
  2) 医療の内容や診療方針、その他必要な事項について、患者に十分な説明を行い、信頼を得るよう努める。
  3) 検査・治療方法等の同意や選択にあたっては、患者の自己決定権を尊重する。
  4) 患者の個人情報を保護し、職務上の守秘義務を遵守する。
     
2. 患者個人の信条や価値観に十分配慮した上で法を遵守し、生命倫理に関する各種関係法令やガイドライン、当院規程・マニュアルの実施手順に従って医療を実践する
  1) 有益な治療の拒否
    治療によって生じる負担と利益を明確に説明し、患者の自己決定を尊重する。
  2) 輸血療法拒否
    宗教上の理由などから輸血を拒否される患者には、輸血療法マニュアル内「輸血拒否患者に係る治療対応マニュアル」に従い、適切に対応する。
  3) 身体抑制
    やむを得ず身体を抑制し、行動を制限する必要がある患者には、医療安全管理マニュアルに従い、適切に対応する。
  4) 緩和医療
    治療の対象となる患者に対しては、緩和ケアマニュアルに従い、ご家族の意向にも十分配慮しながら適切に対応する。
  5) 終末期医療
    人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン(厚生労働省 平成19年5月 改訂平成27年3月)に従い、患者、家族と相談の上、患者の意思に基づいた医療を行う。また、精神的、社会的援助も含めた総合的な医療及びケアを行う。
  6) 臓器移植
    患者がドナーカードを提示して臓器提供の意思を表示された場合、患者死亡後に遺族から臓器提供の申出があった場合、あるいは脳死移植の対応においては脳死下臓器提供マニュアルに従い、日本臓器移植ネットワークと連携して適切に対応する。
  7) その他
    その他、対応が必要な事例が生じた場合は、その都度、生命倫理に関する関係法令や各種ガイドライン、当院規定の実施手順に従って検討・対応し、必要に応じて倫理委員会に諮り、最良の方針を決定する。
     
3. 倫理的な問題を含むと考えられる医療行為等については、倫理委員会に諮り倫理的・科学的観点から十分な検討を行う
  1) 医療の進歩に必要な研究は、各種法令や国のガイドラインに従って適切に実施する。
  2) 治験に際しては治験審査委員会に諮って十分な審査を行い、承認を得てからこれを実施する。
  3) 臨床研究に際しては倫理委員会に諮って十分な審査を行い、承認を得てからこれを実施する。
     
4. 院内の各種規程・マニュアル等及び各種専門職種の協会等団体における職業倫理の規程・要綱・ガイドラインに基づき、当院の基本理念と共に人権を尊重した医療の実践を行う。
     
    平成27年10月1日

 

市立奈良病院倫理委員会規定

市立奈良病院倫理委員会規定

平成28年度審議内容一覧

受付番号
課題名
倫理委員会
承認
1
血清AIM(apoptosis inhibitor of macrophage)の肝細胞癌(肝癌)診断の有用性に関する検討
H28.5.9
承認
2
急性期ラクナ梗塞患者における高次脳機能評価に関する研究
H28.5.31
承認
3
NAFLD/NASH 合併2型糖尿病における選択的SGLT2阻害剤イプラグリフロジンと従来治療との無作為化比較試験による臨床的有用性の検討―多施設共同研究―
H28.5.31
承認
4
日本人の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFDL)の病態解明に関する検討(後ろ向き解析)
H28.5.31
承認
5
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
H28.6.29
条件付承認
6
抗凝固薬服用症例におけるCold snare polypectomyの有用性を検証する非盲検化ランダム化比較試験
H28.6.29
承認
7
市中2次救急病院におけるCDIの疫学と診療の質調査(多施設共同研究)
H28.8.9
承認
8
ヘリコバクター・ピロリ陽性かつ早期胃癌ESD治癒切除後患者における、ピロリ菌除菌による異時性胃癌抑制効果を証明するランダム化比較試験(プロトコールの変更)
H28.8.9
承認
9
当院におけるCold polypectomy導入後の大腸腫瘍に対する治療成績の検討
H28.8.9
承認
10
主幹動脈閉塞を予測する病院前脳卒中スケール(FACE2‐ADスケール)の前向き妥当性の検討
H28.8.9
承認
11
低用量アスピリン服用中の胃腫瘍症例に対する内視鏡的粘膜下層剥離術における消化管出血リスクについての多施設共同無作為比較試験(研究内容の変更)
H28.8.9
承認
12
恒久的ペースメーカおよび植え込み型除細動器の遠隔モニタリング
H28.8.9
承認
13
終末期の対応について倫理的側面からの検証依頼
H28.9.12
14
手指切断治療における再接着術の意義調査に関する研究
H28.10.26
承認
15
抗凝固薬服用症例における抗凝固薬継続下cold snare polypectomyの有用性を検証する非盲検化ランダム化比較試験
H28.10.26
承認
16
非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)患者における耐糖能異常の実態と糖尿病発症に関する検討(後ろ向き解析)
H28.10.26
承認
17
DPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する事業
H28.10.26
承認
18
日本人2型糖尿病患者のインスリン単位調整における、患者の自己調節群と医師調節群のQOL及び自己効力感に関する比較研究(研究内容変更)
H28.10.26
承認
19
先天性血液凝固因子および凝固阻止因子欠損症の分子遺伝子学的検討
H28.11.16
承認
20
PETを用いた褐色脂肪組織検出と非アルコール性脂肪性肝疾患の関連性についての検討
H28.11.16
条件付承認
21
本邦における高容量スタチンを用いた心血管カテーテル検査および治療後の造影剤腎症予防効果に関する研究(UMIN登録番号:000021695)
H28.11.16
承認
22
レパーサR市販後調査
H28.11.16
承認
23
プラルエントR市販後調査
H28.11.16
承認
24
「脳病変が最初に指摘され診断に至った悪性リンパ腫」の後ろ向き検討
H28.12.14
承認
25
NAFLDと循環器疾患に関する研究
H28.12.14
不承認
26
トホグリフロジンの安全性および有効性の検討―前向き観察研究―(AYUMI)
H28.12.14
承認
27
脳梗塞急性期におけるvon Willebrand 因子(VWF)の検討
H29.1.31
承認
28
肝細胞癌多発骨転移に対するLow-dose FP(LFP)全身化学療法
H29.1.31
承認
29
レボルカルニチンの肝硬変症に対する効果に関する検討(後ろ向き解析)
H29.1.31
承認
30
DAT-scan 解析ソフト DaT Viewにおける画像修正倍率の検討
H29.1.31
承認
31
大腸癌多発移に対するWeekly high dose 5-FU(WHF療法)
H29.1.31
承認
32
NAFLDと循環器疾患に関する研究(2017年改定)
H29.1.31
条件付承認
33
尿路上皮癌に対するジェムシダン+カルボプラチン併用療法
H29.3.8
承認
34
前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究
H29.3.8
承認
35
メタボリック症候群とそのリスク遺伝子多型が脂肪性肝疾患の病態に及ぼす影響
H29.3.8
承認
36
非弁膜性心房細動とアテローム血栓症を合併する脳梗塞例の二次予防における最適な抗血栓療法に関する多施設共同ランダム化比較試験
H29.3.8
承認
37
当院における食道静脈瘤に対する内視鏡治療成績の検討
H29.3.8
承認

倫理委員会 審議数

平成21年度
7議題
平成22年度
17議題
平成23年度
11議題
平成24年度
15議題
平成25年度
22議題
平成26年度
29議題
平成27年度
22議題
平成28年度
37議題

 

 

ページトップへ 戻る ホームへ