緩和ケア室

緩和ケアとは

患者さんの身体と心に生じるつらさを和らげ、患者さんが自分らしく生きていくための医療を緩和ケアといいます。

緩和ケア=がんの終末期ではありません。病状のどの時期においてもおこなわれます。 そして、市立奈良病院では「緩和ケアチーム」を結成し、患者さんのつらさを身体のつらさだけでなく、心のつらさ、社会生活での辛さや家族の辛さにまで目を向けサポートしていきます。

がん治療と緩和ケアの関係

緩和ケアチームとは

当院では、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士など各分野の専門家で緩和ケアチームを結成しています。それぞれの専門性を活かし、主治医や担当看護師と協働しながら患者さんや家族のサポートを行っています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの主な活動内容

  • 入院、外来問わず当院で診療しているがん患者さんに対する症状緩和
  • 在宅療養やホスピス移行の支援
  • ご家族へのサポート
  • 院内スタッフへの緩和ケア講習会の実施
  • がんに携わる医師等を対象とした緩和ケア研修会の実施
  • 緩和ケアチーム定期カンファレンス及び回診

緩和ケアチームによくある相談

  • 痛みがつらい   
  • 息が苦しい
  • だるくてしんどい
  • 吐き気がある
  • 夜眠れない
  • 不安で落ち着かない
  • 麻薬の痛み止めを飲むのが怖い
  • 緩和ケア病床がどんな所か知りたい
  • 家族にどう病気を説明したらいいかわからない

当院の緩和ケアチームスタッフ

スタッフ 緩和ケアチームのサポートを受けるには・・・  
緩和ケアチームによる支援をご希望される方は、まず、主治医または担当看護師に御相談ください。

リンク

患者さんやそのご家族の方向けの緩和ケア

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

緩和ケア. net

がんになったら手に取るガイド

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターのWEBサイトから資料がダウンロードできます。

各種がんの療養情報

がんになったら手にとるガイド(全210頁/PDFファイル9,809KB)

わたしの療養手帳(全72頁/PDFファイル2,984KB)

 

ページトップへ 戻る ホームへ