来院される方へ
医療機関の方へ
採用情報

緩和ケア室

緩和ケアとは

患者さんの身体と心に生じるつらさを和らげ、患者さんが自分らしく生きていくための医療を緩和ケアといいます。

当院ではがん診療連携拠点病院としてがんに対する治療を積極的に行いますが、治療の経過中には様々な苦痛が生じることがあります。これらの苦痛を緩和する医療の提供をがんの治療と並行して行っています。

がん治療と緩和ケアの関係

緩和ケアチームとは

体と心のつらさなどの治療のほか、患者さんの社会生活や家族を含めたサポートを行うチームです。
当院では「緩和ケアチーム」が主治医や看護師と連携しながら、患者さん、ご家族の苦痛を緩和するように活動しています。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーなど各分野の専門家で緩和ケアチームを結成しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの主な活動内容

  • 入院、外来問わず当院で診療しているがん患者さんに対する症状緩和
  • 在宅療養やホスピス移行の支援
  • ご家族へのサポート
  • 院内スタッフへの緩和ケア講習会の実施
  • がんに携わる医師等を対象とした緩和ケア研修会の実施
  • 緩和ケアチーム定期カンファレンス及び回診

お困りではありませんか?
緩和ケアチームでは、主にがん患者さん、ご家族の以下のような相談に対応しています。

 □ 痛みがつらい
 □ 吐き気がつらい
 □ 息苦しさがある
 □ おなかが張って苦しい
 □ 夜眠れない
 □ 不安やイライラがある
 □ 気分が落ち込んで何もする気にならない
 □ 退院して自宅で過ごしたいが方法がわからない
 □ 自分らしく穏やかな生活を送りたい
 □ 本人とどう接したらいいかわからない

少しでもあてはまるようでしたら、お気軽にご相談ください。支援を希望される方は、まず、主治医または担当看護師に声をおかけください。

当院の緩和ケアチームスタッフ

緩和ケアチームのサポートを受けるには・・・  
緩和ケアチームによる支援をご希望される方は、まず、主治医または担当看護師に御相談ください。

リンク

患者さんやそのご家族の方向けの緩和ケア

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

緩和ケア. net

がんになったら手に取るガイド

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターのWEBサイトから資料がダウンロードできます。

各種がんの療養情報

がんになったら手にとるガイド(全210頁/PDFファイル9,809KB)

わたしの療養手帳(全72頁/PDFファイル2,984KB)

 

ページトップへ 戻る ホームへ