来院される方へ
医療機関の方へ
採用情報

脳・神経センター/脳神経内科

中枢神経(大脳、小脳、脊髄)、末梢神経、筋肉の病気を専門に診療する科です。

中枢神経(大脳、小脳、脊髄)、末梢神経、筋肉の病気を専門に診療する科です。頭痛、めまい、ふらつき、意識を失った、ものが二重に見える、手足や顔がふるえる・痛む・しびれる、手足や顔の筋肉が麻痺した・けいれんする、歩きにくい、物忘れがある、などの症状があれば受診していただく科です。当病院では3人の神経内科専門医が診療に当たります。

脳・神経センター/脳神経内科で診療する疾患  

頻度の多い疾患としては、脳血管障害(脳卒中)、パーキンソン病およびパーキンソン症候群、緊張型頭痛や片頭痛、アルツハイマー病などの認知症、てんかん、末梢神経障害などです。この他にも脳炎、代謝性脳症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、多発筋炎、筋ジストロフィー症、脊髄疾患(脊髄血管障害、脊髄炎、脊髄腫瘍など)、など多岐にわたっています。さらに高血圧、心疾患、肝疾患、高脂血症、糖尿病や甲状腺疾患や膠原病などの内科的疾患の合併症として神経や筋肉の障害が起こることもよくあります。

脳神経内科的な検査  

一般的な血液検査やレントゲン撮影に加え、脳神経内科的な検査として頭部CT、頭部や脊椎のMRI/MRA、脳血流シンチグラフィー(SPECT)、頚動脈超音波検査、経胸壁および経食道心超音波検査、髄液検査、脳波検査、神経伝導検査や針筋電図などの電気生理学的検査、脳血管造影検査を行い、診断・治療に役立てています。

主な業績・研究

<業績>

  • 第41回 日本心臓財団草野賞 受賞  殿村 修一
  • 第1回 日本脳卒中学会学会賞 受賞  殿村 修一
  • 第6回 日本脳血管・認知症学会学術大会 ヤング・インベスティゲーター・アワード 受賞  殿村 修一

<研究>

<その他>

治療

脳血管障害を中心とした急性期神経疾患全般のほかにも、パーキンソン病の教育および集中リハビリテーションを行っています。

 外来診療スケジュール

午前
B-8
清水
高橋
小林
高橋
山中
当番医
B-9
熊澤
正畠
清水
長見
正畠
午後
B-8
清水
高橋
小林
高橋
山中
B-9
熊澤
正畠
清水
長見
正畠

※ 午後の診療は予約のみとなります。

担当医紹介

髙橋 信行(院長補佐 兼:脳神経内科部長、医療安全管理室長、臨床心理室長)

学歴・学位 大阪大学医学部 昭和60年卒/医学博士
専門医・活動 日本神経学会認定指導医・専門医、日本内科学会認定医、
奈良県立医科大学臨床教授
専門分野 神経変性疾患

清水 久央(医長)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成12年卒
専門医・活動 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、日本脳神経血管内治療学会専門医、
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、
日本リハビリテーション学会認定臨床医、
日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士
専門分野 脳血管障害、免疫性神経筋疾患

熊澤 綾(医師)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成15年卒
専門医・活動 日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医
専門分野 神経内科一般

正畠 良悟(医師)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成20年卒
奈良県立医科大学大学院 平成30年修了/医学博士
専門医・活動 日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、
臨床遺伝専門医
専門分野 -

長見 周平(医師:非常勤)

学歴・学位 -
専門医・活動 -
専門分野 -

小林 恭代(医師:非常勤)

学歴・学位 -
専門医・活動 -
専門分野 -

西森 裕佳子(医師:非常勤)

学歴・学位 -
専門医・活動 -
専門分野 -

山中 愛(医師:非常勤)

学歴・学位 -
専門医・活動 -
専門分野 -

 関連情報およびサイト

 

ページトップへ 戻る ホームへ