市立奈良病院
所在地 〒630-8305
奈良市東紀寺町1丁目50-1
TEL 0742-24-1251
FAX 0742-22-2478
交通アクセス・駐車場
来院される方へ
地域医療連携
採用情報

整形外科

整形外科は運動器の治療にあたります。運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です

日本整形外科学会HP

現在整形外科では治療の専門化が進んでおり当院整形外科では、手・手関節※、股関節、膝関節の疾患、脊椎疾患に対する診療を主に治療を行っております。
股関節、膝関節では特に人工関節センターを開設しており、人工関節手術を行っています。症例に応じて低侵襲手術にも対応し、機能回復と長期成績が得られるよう最新の手術を提供しています。 股関節の専門治療としては症例の適応を十分に検討し骨盤骨切り術を実施しております。 膝関節の専門治療としては、変形性膝関節症や大腿骨顆部骨壊死の症例には適応を十分に検討し、膝関節矯正骨切り術を実施しています。 また膝関節のスポーツ外傷などには関節鏡を用いた靭帯再建術、半月板縫合術等の手術を行っています。
脊椎外科では高齢化のため変性疾患が主体となっております。 腰椎には腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニアに対する開窓術、除圧固定術等を、頸椎には頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、頸椎椎間板ヘルニアに対する椎弓形成術(脊柱管拡大術)、前方固定術等の手術を行っています。 また高齢化により様々な持病を抱える方の手術も増えていますが、内科医、麻酔科医との連携し治療を行っています。
関節リウマチの治療は近年進歩してきています。治療の目的は関節変形の進行防止と痛みを取り除くことそして機能を改善することに変わりはありません。 当院ではリウマチ、膠原病内科が開設されており、整形外科リウマチ外来では主に理学療法、装具療法、必要があれば人工関節置換術などの手術療法を行います。
※手・手関節は四肢外傷センターが担当。

  • 四肢外傷センター

    センターでは骨折をはじめ、皮膚、腱、靱帯、神経損傷などの患者様の治療にあたります。 また偽関節や骨髄炎、変形治癒などの四肢外傷後の合併症に対してもマイクロサージャリーや仮骨延長法などの先進医療を駆使した治療を施行します。 手や肘の疾患に関しましては、外傷のみならず一般の疾患(手のしびれや腱鞘炎、指の関節炎、先天異常など)に対しても専門的な治療を行います。
    詳細についてはこちら

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)の参加について

当院は公益社団法人日本整形外科学会(日整会)が行っているデータベース研究事業に参加しています。原則として全ての整形外科入院患者様のデータを個人が特定されないように匿名化して電子的に登録します。
運動器疾患(加齢性疾患、外傷、先天性疾患、感染、腫瘍など)は小児から高齢者まで幅広い国民が罹患し、国民の健康寿命を損なう主因の一つです。 特に加齢により移動能力が低下し要介護のリスクとなるロコモティブシンドロームは推定患者数4700万人とされています。 運動器疾患の手術件数は年間120万件を超えており、社会の高齢化の影響を受けて年々増加の一途ですが、全国規模の包括的なレジストリーが存在しないためその全容は不明のままです。 JOANRに登録された医療情報を分析することにより医療の質の向上を図り、国民に対する良質な医療の提供、適正な医療レベルの維持、また、医療経済の最適化を目指します。
趣旨をご理解いただきご協力をお願いします。参加に同意されない場合は個人情報削除依頼を提出してください。
詳細は日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)ホームページをご覧ください

 外来診療スケジュール

午前
B-1
          当番医
(第2,4週)
B-3
河原 河原 上松 岩田 岩田  
B-4
岩田
(術後検査)
松前 河原 担当医
(予約)
(術後検査)
 
B-5
         
B-6
定(予約)      
午後
B-3
河原
(リウマチ)
(予約)
矢島
(1,3週)
(骨粗鬆症
検診)
 
岩田
(予約)
 
B-4
  松前(予約) 河原(予約)  
B-6
定(予約)   松前  

※月曜日午後診の河原医師のリウマチ外来は、予約のみとなります。
※火曜日午後診の定医師の四肢外傷外来は、予約のみとなります。
※午後の診療は予約のみとなります。

外来診療スケジュール(四肢外傷センター)

午前
B-1
矢島
村田
矢島
村田
伊藤
 
B-5
矢野
伊藤
中尾
矢野
担当医
午後
B-1
     
   
B-5
中尾
(予約)

※ 午後の診療は予約のみとなります。

外来診療スケジュール(人工関節センター)

午前
B-3
B-4
 
午後
B-3
   
河原
 
 

※午後の診療は予約のみとなります。

担当医紹介

河原 郁生(部長(リハビリテーション科部長、人工関節センター医師)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成9年卒
専門医・活動 日本専門医機構整形外科専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医、日本整形外科学会リウマチ認定医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本股関節学会評議員
専門分野 整形外科、股関節、人工関節、骨切り術、運動器リハビリテーション

岩田 栄一朗(医長)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成15年卒/医学博士
専門医・活動 日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、XLIF手術認定医、Baloon Kyphoplasty手術認定医、Best Doctors® in Japan選出(2020-)、英国オックスフォード大学留学(2017)
専門分野 脊椎脊髄外科、低侵襲脊椎外科手術

村田 景一(医師(医療技術部長、四肢外傷センター長))

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成3年卒/医学博士
専門医・活動 奈良県立医科大学臨床教授、奈良県立医科大学非常勤講師、日本整形外科学会 専門医、日本手外科学会 専門医、義肢装具等適合判定医師、米国手外科クリニカルフェローシップ取得(2003年)、日米手外科学会トラベリングフェロー(2009年)、Best Doctors® in Japan選出(2018-)、日本マイクロサージャリー学会 理事・評議員、日本手外科学会 代議員、日本肘関節学会 評議員、日本手関節外科ワークショップ 世話人、中部日本整形外科災害外科学会 評議員、近畿手外科研究会 世話人、奈良骨折研究会 世話人、奈良手の外科懇話会 世話人、奈良県血管疾患懇話会 世話人、米国手外科学会インターナショナルメンバー、世界再建マイクロサージャリー学会 アクティブメンバー、OTAインターナショナルアクティブメンバー
専門分野 手外科、肘関節外科、マイクロサージャリー、末梢神経障害

定 拓矢(医師:専攻医)

学歴・学位
専門医・活動 XLIF手術認定医、Baloon Kyphoplasty手術認定医
専門分野 整形外科、脊椎脊髄外科

松前 秀明(医師:専攻医)

学歴・学位
専門医・活動
専門分野

上松 耕太(医師:非常勤)

学歴・学位 奈良県立医科大学 平成4年卒/医学博士
専門医・活動 奈良県立医科大学臨床教授、
日本整形外科会認定整形外科専門医、日本膝・関節鏡・スポーツ学会評議員、
日本臨床バイオメカニクス学会評議員、日本人工関節学会会員、
関西膝・関節鏡研究会幹事、関西臨床スポーツ研究会幹事、
奈良スポーツ医学研究会幹事、
International Society of Arthroscopy,
Knee surgery and Orthopaedic Sports Medicine (ISAKOS) member、
International Cartilage Repair Society (ICRS) member
専門分野 膝関節外科 人工関節置換術、鏡視下手術全般、膝靱帯再建術

矢島 弘嗣(名誉院長)

学歴・学位 奈良県立医科大学 昭和54年卒/医学博士
専門医・活動 奈良県立医科大学臨床教授、日本手外科学会専門医・名誉会員・前理事長、
日本肘関節学会名誉会員・前会長、日本マイクロサージャリー学会元理事長
専門分野 整形外科、手外科、外傷外科、マイクロサージャリー

 

ページトップへ 戻る ホームへ