市立奈良病院
所在地 〒630-8305
奈良市東紀寺町1丁目50-1
TEL 0742-24-1251
FAX 0742-22-2478
交通アクセス・駐車場
来院される方へ
地域医療連携
採用情報

産婦人科

LINK: 産婦人科

論文発表

1)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hajime Fujii, Kaho Yamao, Keiji Shimada:Carcinosarcoma arising from high-grade serous carcinoma of the ovary without estrogen receptor, WT-1, and PAX8 immunoreactivity.
Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology 2022;61 (1): 110-114.

2)Ichiro Nobuhara, Naoya Harada, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe, Shioka Watanabe, Hiroyasu Hisanaga, Toshiyuki Sado:Multiple metastatic gestational trophoblastic disease after a twin pregnancy with complete hydatidiform mole and coexisting fetus, following assisted reproductive technology: Case report and literature review.
Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology 2018;57 (4): 588-593.

3)Hideki Watanabe, Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Shioka Watanabe:Magnetic Resonance Imaging and Flexible Hysterofiberscopic Findings of a Uterine Adenofibroma: Case Report and Literature Review.
Case Reports in Obstetrics and Gynecology 2018;DOI: 10.1155/2018/9685683

4)Naoya Harada, Aya Hashimoto, Eijiro Okajima, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe,Shioka Watanabe, Ichiro Nobuhara:Angiographic embolisation of a ruptured renal artery aneurysm in a primigravida during the first trimester.
Journal of Obstetrics and Gynaecology 2017;37(2): 254-256.

5)Aya Hashimoto, Junko Takahama, Naoya Harada, Shinsaku Maeda, Hiroshi Anai, Akio Fukusumi, Shunsuke Imai, Kimihiko Kichikawa:A case of uterine torsion concurrent with a ruptured ovarian endometrial cyst.
Abdominal Radiology 2017;DOI: 10.1007/s00261-016-0758-z

6)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe, Sumire Ohno:Concurrent Malignant Solitary Fibrous Tumor Arising from the Omentum and Grade 3 Endometrial Endometrioid Adenocarcinoma of the Uterus with p53 Immunoreactivity.
Case Reports in Obstetrics and Gynecology 2014;DOI: 10.1155/2014/216340

7)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko haruta, Megumi Kajimoto:Giant cystic adenomatoid tumour of the uterus
Journal of Obstetrics and Gynaecology 2012;32(4): 407-408.

8)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko haruta, Megumi Kajimoto:A placental polyp arising from an exaggerated placental site.
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2011;37(8):1154-1157.

9)赤坂往倫範、原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇:慢性好酸球性肺炎と妊娠 -産褥期に発症し寛解期に次の妊娠・出産が可能であった1例-
日本周産期・新生児医学会雑誌 2022; 58(2): 380-385.

10)山尾佳穂、原田直哉、延原一郎、東浦友美、藤井 肇、春田典子:性交経験のある性成熟期女性に発症した続発性腟閉鎖症の1例
日本女性医学学会雑誌 2020; 27(3): 433-437.

11)東浦友美、原田直哉、延原一郎、春田典子、渡辺英樹、渡辺しおか:産褥期に発症した成人スチル病.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2019; 55(1): 181-186.

12)延原一郎、原田直哉、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、渡辺しおか:偽性Bartter症候群合併妊娠で妊娠中母体へのカリウム製剤の補充は新生児の予後を改善する.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2017; 53(1): 249.

13)渡辺しおか、原田直哉、美馬 文、箕輪秀樹、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、延原一郎:新生児が電解質異常や代謝性アルカローシスを来し、母体を遺伝子解析によりBartter症候群およびGitelman症候群でなく偽性Bartter症候群と診断した1例.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2016; 52(1): 99-104.

14)大野澄美玲、原田直哉、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、延原一郎:FDG-PET/MRIを用いたがん検診を機に発見された低悪性度子宮内膜間質肉腫.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2015; 67(2): 60-66.

15)大井豪一, 原田直哉、中村 徹、堀江清繁、井上芳樹、高井一郎、小林 浩、赤崎正佳:奈良県産婦人科医会によるHTLV-1キャリア妊婦に関するアンケート調査.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2013; 65(3): 251-260.

16)原田直哉、小林 浩、井上芳樹、高井一郎、潮田悦男、大井豪一、小畑孝四郎、喜多恒和、下里直行、中島容子、中村 徹、橋本平嗣、林 道治、堀江清繁、赤崎正佳:奈良県における未受診妊婦に関する実態調査.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2013; 65(1): 1-10.

17)原田直哉、小林 浩、井上芳樹、高井一郎、潮田悦男、大井豪一、小畑孝四郎、喜多恒和、下里直行、 中島容子、中村 徹、橋本平嗣、林 道治、堀江清繁、赤崎正佳:東日本大震災における奈良県産婦人科医会の取り組みー避難患者の受入れ状況に関する検討を中心にー.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2012; 64(3): 436-441.

18)春田典子、原田直哉、延原一郎、梶本めぐみ、中込将弘:変性平滑筋腫との鑑別が困難だった乳癌からの転移性子宮癌のMRI所見.
臨床婦人科産科 2009;63(10):1332-1335.

19)原田直哉、延原一郎、春田典子、梶本めぐみ:帝王切開術時の子宮静脈瘤破裂がシート状フィブリン接着剤(タココンブ)により止血できた経験.
MEDICAL TORCH 2009;5(2):44-46.

20)原田直哉、延原一郎、春田典子、長岡明子、鈴木 博、川口千春、石川智朗:無症候性母体からの垂直感染が原因と考えられた新生児サルモネラ菌血症の1例.
臨床婦人科産科 2008;62(10):1369-1373

21)原田直哉、春田典子、延原一郎、常見泰平:子宮捻転を来した閉経後の石灰化を伴う巨大子宮筋腫の1例.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2007; 59(1): 6-9.

22)原田直哉、吉田昭三、水田裕久、山崎峰夫、森川 肇:【周産期の栄養と食事】産科編 妊娠中の栄養と食事 妊娠中の栄養素の代謝とその付加量 ナトリウム、カルシウム、マグネシウム.
周産期医学 2005;35巻増刊:107-111

 

学会発表:2022年度のみ掲載

1)原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇:産褥期に発症した慢性好酸球性肺炎
第58回日本周産期・新生児医学会学術集会 横浜市(WEBとhybrid) 2022年7月10-12日

2)赤坂往倫範、原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇:慢性好酸球性肺炎合併妊娠 ―産褥期に発症し寛解期に次の妊娠・出産が可能であった臨床経験―
奈良県産婦人科医会令和4年度学術講演会 橿原市(WEBとhybrid)2022年7月30日

3)原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇、山尾佳穂:プラチナアレルギー再発卵巣癌患者に、長期間リポソーム化ドキソルビシンを投与することで病状が安定し、その後の脾摘により完全寛解が得られた1例
日本産科婦人科学会第74回学術講演会 福岡市(WEBとhybrid) 2022年8月5-7日(示説)

4)東浦友美、原田直哉、春田典子、藤井 肇、山尾佳穂、延原一郎:TC療法が著効した粘液性腫瘍を合併した異所性成分を伴う巨大なセルトリ・ライディッヒ細胞腫の1例
日本産科婦人科学会第74回学術講演会 福岡市(WEBとhybrid) 2022年8月5-7日(示説)

5)東浦友美、原田直哉、延原一郎、春田典子、藤井 肇、赤坂往倫範、島田啓司:TC療法が奏功したIV期の粘液性癌を伴う異所性低分化型セルトリ・ライディッヒ細胞腫
JSAWI2022 淡路市(WEBとhybrid) 2022年9月30日~10月1日(示説)

6)原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇、赤坂往倫範:続発性骨粗鬆症を来した原発性無月経の1例
第37回日本女性医学学会学術集会 米子市(WEBとhybrid)2022年11月12-13日(示説)

7)延原一郎、原田直哉、春田典子、東浦友美、藤井 肇、赤坂往倫範:家族性の発生が認められた処女膜閉鎖症 ―ドレナージ後の手術時の工夫―
第37回日本女性医学学会学術集会 米子市(WEBとhybrid)2022年11月12-13日(示説)

8)藤井 肇、原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、赤坂往倫範:再発時の二次化学療法にリポソーム化ドキソルビシンを用い脾摘と併せて完全寛解が得られた高異型度漿液性癌.
第13回奈良県婦人科腫瘍疾患研究会 橿原市(WEBとhybrid)2023年3月25日

 

ページトップへ 戻る ホームへ